何が利益になるのか?


 成年後見の研修会に参加すると、実務上の諸問題をイロイロ聴く事が出来て大変参考になります。

先日の研修では、被後見人所有の不動産を売却して生計の立て直しを図ろうとしたところ、売却までかなりの期間を要した、という話がありました。

売却する土地建物について、そのた建物には残存価値が無く、土地を建売業者に売却することが最も手残りが多いと言う結論に至り、その方向で進めたところ、建売業者は2棟現場にする為に確定測量を要求したようで、その為には隣接地権者の同意が必要になります。この同意を取るのに6か月ほど掛かったそうです。

6か月でも結果的に売却できたので良かったのですが、この期間も土地建物のローン返済は継続していたので、手残り現金は減少することになります。すると、境界明示・建物現状有姿・瑕疵担保免責で売却した場合にどれほどの金額差があったものなのか、何とも言えないところですね。事情を良く知らない第三者の


特集記事
近日公開予定
今しばらくお待ちください...
最新記事
アーカイブ
タグから検索
まだタグはありません。
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square