ゲートキ-パー研修


足立区主催のゲートキ-パー研修に参加してきました。

足立区の一般相談相談員の仕事で、『回答』が求められる相談ばかりでもなく悩みに寄り添う場面になる事も多く、対応の難しを感じていました。

ゲートキ-パーとは『自殺の危険を示すサインに気づき、適切な対応(悩んでいる人に 気づき、声をかけ、話を聞いて、必要な支援につなげ、見守る)を図ることができる人の ことで、言わば「命の門番」とも位置付けられる人(厚労省HPより)』との事で、私が応対する人がそういったサインを出しているかどうかはともかく、そうした悩みに応じる社会の仕組みを知る事には意義があると思いました。


特集記事
近日公開予定
今しばらくお待ちください...
最新記事
アーカイブ
タグから検索
まだタグはありません。
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square