地元密着だった


新車(「新」しく買った中古「車」)も納車されたので、さっそく足回りだけは取り換えることにしました。車に着いていたタイアの山は十分あったのですが、経年劣化によるゴムのヒビ割れが気になり、ここだけは変えておこうと思ったからです。

と言って、新品のタイアを買うと、タイアの寿命が来る前に車両本体の寿命が来ることが見えているので、製造年が新しめの中古で良かろうと考えました。ホイールの交換などでまだまだ使えるタイヤが市場に流れることは多く、新品に比べて劇的に安く購入できます。

タイアを換えるのだからホイールも換えてしまおうかと、ネットであれこれと中古のタイアホイールの販売店を調べたのですが、古いタイアの処分費用も考えるとそれほど安くはならないな、と言う事が判り、最終的に歩いて行ける「ゆうりん」というお店に行くことにしました。そのお店のHPにはあまり価格的な記載が無く、「マズはお店に来てください」的な表示でした。

近くなので行って見て、頃合いのモノが無ければタイアだけでも交換すれば良かろうと考えたのですが、新品同様のホイールと、数千キロメートルしか走っていないようなタイアのセットが頃合いの価格で購入できました。ナカナカの仕上がりで、大満足です。


特集記事
近日公開予定
今しばらくお待ちください...
最新記事
アーカイブ
タグから検索
まだタグはありません。
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square