塞翁が馬


6年前に中古で購入した車を買い替えることにしました。過去2回ユーザー車検で通したのですが、経年劣化でアチコチに小さなトラブルが生じていたので今回はディーラーに持ち込んで、キチンと見てもらおうと考えたのです。

結果は、当時の車両購入価格を上回る車検費用の見積もりを見た瞬間に『買換えよう…』と決断しました。『安い中古車を買って、乗り潰す』という当初の方針の『乗り潰す』時期が到来したのだと考えることにしました。ユーザー車検ですと費用は安く上がりますけど、予防的な修理という点で、問題の先送りと言えますね。

さっそく新しい中古車を探すことにしました。今はネットで検索できるので便利ですね。

程なく自宅から歩いていける距離のお店に頃合いの車があるのを発見し、開店早々の時間に実車を確認して契約してきました。『アレかコレか?』と迷うのも買い物の楽しみですが、迷っているうちに手遅れになるのはイヤなものです。

そのお店に行く前にイロイロと車種を検討して、『電動スライドドア』付きの車を発見し、これならたまに乗せることもある母親の乗り降りにも問題ないだろう…、と、そこまで考えた時に、『誰のための車なんだ!?』と思い直し、コンパクトカーですが、やや若者向けの4ドアの車になりました。

不動産業界が長かった私ですが、大学を出て初めて入った会社が自動車業界でしたので、車への興味や関心はその時代に形成されました。なので、当時若者に人気のあった車には今でも思い入れがありますね。今回は使い勝手を考えて4ドアにしましたが、いつかMR2に乗ってみたいものです。


特集記事
近日公開予定
今しばらくお待ちください...
最新記事
アーカイブ
タグから検索
まだタグはありません。
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square